京町家 Kyo-Machiya Renovation

works-Kyoto13

京の町家
母屋は、昭和2年築の町家で、店先は畳屋さんの店舗である。改修や増築が繰り返される中で、ばらばらに機能が配置され、生活しにくいプランとなっていた。本改修では、既存躯体をスケルトンにして補強、さらには一部取り壊しなどの取捨選択を行い、各機能を集約して導線をまとめた。また、うなぎの寝床のような本敷地にあったであろう坪庭を復活させ、内部空間に自然の光と風を取り込み、視覚的にも広がりの感じられる空間とした。高齢世帯の居住に配慮し、極力段差を無くし、コンパクトなプランでありながら、のびのびと生活できる空間とした。さらに、改修後の暮らしが、従来の生活の延長線上にあると感じられるよう、新建材を避け、暖かく馴染みのある素材(木、塗壁、畳など)を中心に仕上げた。
DATA
用途:町家リノベーション
竣工日:2014.03
所在地:京都府綾部市
規模:190㎡
業務範囲:インテリアデザイン、一部建築設計
施工:佐瀧建設

works-Kyoto05works-Kyoto02  works-Kyoto06 works-Kyoto09   works-Kyoto12   works-Kyoto17 works-Kyoto18works-Kyoto16